5月27日(金)午後2時から2時間、砺波まなび交流館にて富山県部会技術委員会企画の
『平成28 年度 木材・建材の見分け方』の研修会が開催されました。
参加者数は43名で、今年度より補償コンサルタント協会CPD制度の導入に伴い、
ポイント対象となる研修の企画ということもあり、当社からも4名参加してきました。
講師に株式会社アキの加藤氏、株式会社高岡木材市場の谷口氏、
大建工業株式会社の渡辺氏らを招いて木材等のサンプルを使用し、
木材、建材の特徴等を解説いただき、大変有意義な時間を過ごすことができました。

木材の見分け方や、近年よく使用される木材や最近では使われなくなった木材など
専門家ならではのお話を聞くことができ、大変参考になりました。

先週の土曜日冬の使者がやってきました。
今シーズンはどれぐらい稼働しますか。あまり動かない方がうれしいのですが。
今シーズンは暖冬の予報なので、レンタルしない選択もあったのですが、
いざというとき困ります。
まあ、保険見たいものですね。

平成27年9月19日(土)業務報告会を行いました。
目的は例年のごとく、自分以外の業務の内容を知ることと、
プレゼンテーションの技術を磨くことです。

初めは調査部のN君です。
ため池の調査業務の内容でした。

次は調査部のAさんです。
補償業務全般についての説明でした。

最後は設計部のY君です。
橋梁点検と補修補強設計についての説明でした。

今年入社した職員他、私も大変良い勉強になりました。

そのあとは恒例の反省会を行い、有意義な一日となりました。
また来年も行いたいと思います。

2 / 212